2021年9月24日

初めての一人暮らし!部屋選びのポイントは?

ワンルームにする?それとも?間取りのポイント

一人暮らしの場合でも、狭いと使い勝手な悪いこともあります。まず「1日の中でどれくらいの時間を過ごすか」「趣味や仕事で使う部屋は必要か」の2点を考えてみましょう。自分の部屋ではほとんど寝る程度で来客もないというなら、ワンルームで十分といえます。しかし、来客が多いなど部屋で過ごすことが多いなら、1LDKのように寝室が分かれているほうが落ち着きます。また、在宅で仕事をする機会がある人や趣味に使いたい場合は最低でも1LDK、できれば2LDK程度の広さが確保できるのが理想的です。

トイレと浴室は?水回りで見るポイント

一人暮らしに適した物件で多いのが、トイレと浴室、さらに洗面が一緒になっているタイプです。部屋で過ごす時間が短いなら、それでも特に不便はないでしょう。しかし、来客があることを考えると、浴室とトイレは分かれているほうが落ち着きますし、衛生的です。キッチンについては、どれくらい自炊するかをポイントにすると必要な広さと設備が判断しやすくなります。

セキュリティ面は大丈夫?周辺環境のポイント

セキュリティというと建物そのものをイメージしがちですが、それだけではありません。周辺環境こそ重視する必要があります。帰宅途中に人目が届かない場所がある物件はできるだけ避けましょう。また、物件自体が外から隠れているのも、実は空き巣などの被害に遭いやすい特徴の一つです。例えば、物件を隠すように木が並んでいたり、空き家など人の出入りがない建物がすぐ隣に建っていたりすると、不審者が侵入しやすい状況を作ってしまいます。

昨今、家具の家電のレンタルをしてくれる業者が多数存在しており、個人として、または法人として、必要に応じて気軽に家電を借りる事が出来ます。サブスクリプション方式を導入している業者もあり、非常に便利です。